WordPressブログのサーバーをConoHa(コノハ)に移行する方法【3STEP】

ConoHa(コノハ)を使えば、ブログ(サイト)移行はかんたんです。

本来、FTPソフトやディレクトリの理解など専門知識が必要なサーバー移行が、コノハなら初心者でも自力でできます。

サーバー移行を考えている人は、それ目的でコノハを選ぶのもアリ。サーバー移行は次の3ステップです。

サーバー移行の手順
  1. WordPressかんたん移行
  2. ネームサーバー変更
  3. 独自SSL化

この記事は、「エックスサーバー×お名前.com」でWordPress開設したブログをコノハにサーバー移行する過程について執筆しています。

まったく同じサーバー、ドメイン会社を使っている人はもちろん、そうでない人も大きな流れは同じなので参考にしてくださいね。

\ 国内最速サーバー! /

>> WordPressならCoHa(コノハ)

目次

コノハのサーバー移行① WordPressかんたん移行

コノハには「WordPressかんたん移行」が用意されており、かんたんな作業でサーバー移行ができます。

本来ならサーバー移行は、FTPソフトを使って手動でファイルのダウンロード・アップロードを繰り返すような作業が必要ですが、コノハなら特別な知識は不要です。

では、移行作業を始めていきましょう。

とその前に、以下のブログ・サイトは移行できないので念のため確認しておいてください。

  • WordPressのバージョンが3.8.5より古いサイト
  • PHPのバージョンが5.3より古いバージョンを利用しているのサイト
  • WordPress.comからの移行

問題なければ、次へ進んでください。

STEP
移行するブログのドメインを追加する

まずは移行するブログのドメインをコノハに追加しておきます。

移行するドメインの追加

コノハのコントロールパネルへログインし、「サーバー管理>ドメイン」と進みます。

「新規ドメインを追加」を選択し、移行してくるドメインを指定します。

ボクの場合、画像の「daisukenodemo.com」というのが元々エックスサーバー利用にて運用していたドメインになります。

「無料独自SSL」は最後に行うので、ここでは「利用しない」を選ぶ。

設定ができたら、「保存」をクリックします。

ドメイン追加の完了

これで移行してくるドメインがコノハに追加されました。

STEP
サイト移行をする

ブログの「テスト移行」をしていきます。

いきなり本番移行もできますが、正確な移行作業のためにはテスト移行からするのがおすすめです。

では、操作対象となるドメインを選択しておきます。

「切り替え」をする
切り替え先のドメインを選ぶ

画像のように「サイト管理>サイト設定」と進み、さきほど追加したドメインに「切り替え」をしましょう。

WordPressを追加する

「+ WordPress」をクリックします。

かんたん移行のための入力
実際の入力内容(参考)

かんたん移行のための必要事項を入力します。

  • インストール方法:かんたん移行
  • テスト移行:利用する
  • バージョン:インストールするWordPressのバージョンを選択する
  • 移行元URL:移行させるWordPressのURLを入力する
  • アクセス制限ユーザー名:テスト移行先URLにアクセスする際に必要なユーザー名を入力する
  • アクセス制限パスワード:テスト移行先URLにアクセスする際に必要なパスワードを入力する
  • 移行元ユーザー名:移行させるWordPressのログインに必要なユーザー名を入力する
  • 移行元パスワード:移行させるWordPressのログインに必要なパスワードを入力する
  • データベースのパスワード:任意のパスワードを入力する

入力できたら「保存」をクリック。

移行が進行していく
移行が完了した

移行させるWordPressが表示されたらテスト移行は完了です。

  • サイトURL
  • 管理画面URL

それぞれに正常にアクセスできるか動作確認をしておきましょう。

ユーザ名・パスワードを入力する

「サイトURL」をクリックすると上記のように表示されるので、さきほどの設定で決めたアクセス制限ユーザー名・パスワードを入力します。

ブログが表示された

このようにブログが表示されればOKです。

「管理画面URL」には、通常通りにユーザ名・パスワード(移行元ユーザ名・移行元パスワード)を入力してログインします。

正常にログインできれば大丈夫です。

では、本番移行を行っていきます。

STEP
STEP
STEP
本番移行をする

本番移行といっても、やることはワンタッチレベル。

本番移行をする

テスト移行が終わったあとのページで、そのまま「本番移行」をクリックします。

本番移行用のパスワードを入力する

「移行先データベース」の「パスワード」は、また新たなものを入力します。

本番移行が完了
「稼働中」に

「ステータス」が「稼働中」となっていれば、本番移行が完了です。

コノハのサーバー移行② ネームサーバー変更

ここではお名前.comでのネームサーバー変更を紹介します。

ネームサーバー変更の大きな流れは、どのサービスでも同じです。

STEP
対象ドメインを選択する
お名前.comにログインする

お名前.com Naviにログインします。

ネームサーバーの設定をする

「ネームサーバーの設定>ネームサーバーの設定」に進みます。

STEP
STEP
対象ドメインを選ぶ

ネームサーバーの変更をする対象ドメインにチェックを入れます。

次にコノハへ移動します。

STEP
コノハでネームサーバーの値をコピーする
STEP
STEP

コノハに移動してネームサーバーの値を確認します。

コノハのネームサーバー名をコピー

コノハに移動し、サイドバーから「DNS」に進みます。

ドメインリストから対象ドメインを選択し、「NS」の「値」を参照します。

この値をお名前.comのネームサーバー情報に反映させます。

STEP
ネームサーバーを変更する

お名前.comでネームサーバーを変更していきます。

お名前.comでネームサーバー情報を入力する

あらためてお名前.comに戻ってきたら、「他のネームサーバーを利用」タブから「ネームサーバー情報を入力」します。

  • 1 プライマリネームサーバー:ns-a1.conoha.io
  • 2 セカンダリネームサーバー:ns-an2.conoha.io
  • 3 :ns-a3.conoha.io

以上のように、コノハのネームサーバー(「NS」の「値」)を入力します。

入力できたら「確認画面へ進む」をクリック。

ネームサーバー情報を設定する

間違いなければ、ネームサーバー情報を「設定する」から確定させます。

反映待ち
ネームサーバー変更の完了

これでネームサーバー変更作業が完了です。

ネームサーバー変更の反映には時間がかかります。

ネームサーバーの変更をすると、「反映完了まで24時間から72時間程度かかる場合がございます」とあります。

反映が完了してからSSLの設定をしていきましょう。

コノハのサーバー移行③ 独自SSL化

独自SSLの設定を行います。

「SSL有効化」をする

独自SSL化をするには、管理画面サイドバー「サイト管理>サイト設定」から「かんたんSSL化」の「SSL有効化」をクリックします。

「SSL有効化」がクリックできない

「SSL有効化」が押せない場合、以下のようにします。

「無料独自SSL設定」をする

「サイト管理>サイトセキュリティ>無料独自SSL」から「利用設定」を「ON」にします。

「SSL有効化」がクリックできる

しばらくすると、「SSL有効化」が押せるようになり、サイトURL・管理画面URLも「http」が「https」に変わっています。

ここで「SSL有効化」をクリックすれば、独自SSLの設定は完了です。

まとめ

コノハでブログ移行する方法を説明しました。

過去にエックスサーバーからミックスホストにサーバー移行した経験がありますが、そのときと比べてコノハを使ったサーバー移行は驚きのイージーさでした。

サーバー移行がかんたんなこと以外にも魅力がイッパイなので、コノハ、かなりおすすめできます。

\ 国内最速サーバー! /

>> WordPressならCoHa(コノハ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次